adingo、スマートフォンアプリ向けSSP「Fluct SDK」の提供を開始し、アプリの収益化を支援

インターネットメディアのマネタイズを支援する株式会社adingo(東京都渋谷区、代表取締役:古谷 和幸)は、adingoが提供するSSP(※1)「Fluct(読み:フラクト、http://fluct.jp/ )(※2)」において、スマートフォンアプリの収益化を支援するため、2011年9月7日より、まずはiPhoneアプリ事業者に対して、「Fluct SDK(※3)」の提供を開始いたしました。

この「Fluct SDK」は、複数のスマートフォン向けアドネットワーク(※4)の中から最も収益性の高い広告を配信すること(イールドマネジメントシステム)を目的としており、配信するアドネットワークを変更する際には、各アドネットワークのSDKを組み込むことなく、「Fluct SDK」のみで簡単に切り替えることができます。さらに、提携アドネットワーク広告だけでなく、純広告・自社広告の配信も可能です(アドサーバー機能)。
アプリ事業者は、「Fluct SDK」を利用するだけで、adingoの専属コンサルタントによるサポートのもと、運用コストをかけることなく、「Fluct」が提携する複数のアドネットワーク中からアプリ内に最適な広告を配信し、アプリの収益化を高めることができるようになります。

「Fluct SDK」について

特長

1)イールドマネジメントシステム
提携する複数のアドネットワークから最も収益性の高い広告を配信し、広告収益の最大化および広告効果の向上を図ります。各社アドネットワークのSDKを追加することなく、簡単に切り替えることが可能です。
2)アドサーバー機能
提携アドネットワーク広告だけでなく、純広告・自社広告の配信も可能です。
3)専属コンサルタント
1,000サイト以上のマネタイズ支援実績から培ったノウハウを活かし、専属のコンサルタントが導入から運用まで徹底的にサポート、広告の最適化・収益化を支援します。

adingoでは今後も、これまでの1,000サイトを超えるマネタイズ支援実績から培ったノウハウをもとに「Fluct」の機能拡充に努めてまいります。また、スマートフォン向け「Fluct」においては、Androidアプリへの対応を進めるともに、2011年末までに10億impを目指し、SSP事業者として提携メディアの収益化支援をより強化してまいります。

※1 SSP
サプライサイドプラットフォーム(Supply Side Platform)。メディアの広告収益を最大化させる仕組みです。
※2 Fluct
インターネットメディアにおける広告配信プラットフォームで、2010年12月よりPC・モバイルメディアへの導入を開始しました。PCメディアに対しては、アドネットワークや純広告などの様々なWEB広告の中から、最も収益性の高い広告を配信し(イールドマネジメントシステム)、広告収益の最大化および広告効果の向上を目指しています。2011年2月より、スマートフォンメディアに向けて、まずはアドネットワークの提供を開始しました。
※3  SDK
Software Development Kitの略。様々なアプリケーションを作成するためのソフトウエア開発キットのことです。
※4  アドネットワーク
一事業者のアドサーバーから、複数事業者のメディアサイトにまたがって広告を配信するサービスです。

会社概要

株式会社adingo (http://adingo.jp/

会社名株式会社adingo
代表取締役古谷 和幸(フルヤ カズユキ)
取締役宇佐美 進典(ウサミ シンスケ)、笹部 雅弘(ササベ マサヒロ)、小澤 昇歩(コザワ ショウホ)、堀井 翔太(ホリイ ショウタ)
監査役児玉 裕二(コダマ ユウジ)
所在地東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス 8F(ECナビ内)
TEL03-5459-1182
FAX 03-5459-1881
設立2008年6月2日
資本金5,000万円(準備金含む)
事業内容サプライサイドプラットフォーム(SSP)の企画、開発、運営
PC・モバイルでの検索サービス及びリスティング広告の導入支援
検索サービスの企画、開発、運営
環境貢献型検索サービス「リーフバンク」の運営

本プレスリリースに関するお問い合わせ

報道関係者お問合わせ先

担当者株式会社ECナビ
社長室広報 江頭(エトウ)
TEL03-5459-3934
FAX03-5459-4224
E-mail pr-info@ecnavi.co.jp

その他のお問合せ先

担当者株式会社adingo
マーケティング本部 深山(フカヤマ)
TEL03-5459-1182
FAX03-5459-1881
E-mail group_pr@adingo.jp