adingo 朝日インタラクティブ株式会社と共同でサイト内検索機能を開発し 「CNET Japan」に導入開始

~検索キーワードの表記ゆれを軽減し、CNET Japan全体からの横断検索も可能に~

PCおよびモバイルメディアの運営社に対し、検索機能やリスティング広告(※1)の導入および運用支援を行なっている株式会社adingo(読み:アディンゴ、東京都渋谷区、代表取締役:古谷 和幸)と、「CNET Japan( http://japan.cnet.com/ )」を運営する朝日インタラクティブ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:大西 弘美、以下朝日インタラクティブ)は、2010年1月13日、朝日インタラクティブのサイト内検索機能に対するニーズと、adingoの検索に関するノウハウを取り入れた、新しいサイト内検索を共同開発し、「CNET Japan」に導入を開始いたしました。

サイト内検索機能について

開発背景

サイト内検索は、膨大な情報を保有する「CNET Japan」において、ユーザー利便性向上のために不可欠なものとなっております。これまで「CNET Japan」では、朝日インタラクティブが開発したサイト内検索を導入しておりましたが、ユーザーにとってより利便性の高い検索サービスを提供していくため、ページの解析技術の向上や検索機能の拡充を検討してまいりました。一方adingoは、これまで200社を超える企業の検索関連事業の運用支援を通して培ったノウハウやデータを活かし、新たな検索機能やコンテンツ開発を行なってまいりました。そこで、adingoと朝日インタラクティブは共同で「CNET Japan」のサイト内検索機能を開発いたしました。

具体的なサービス内容

今回、共同開発したサイト内検索機能では、従来のサイト内検索機能に比べ、記事の解析精度や検索精度を大幅に向上させ、ページの解析ミスの軽減や検索キーワードの表記ゆれ(※2)の吸収などを実現しております。また、これまで検索結果ページには記事のタイトルのみを表示していましたが、各記事の要約も合わせて表示することで、ユーザーは、知りたい情報をより簡単に、短時間で検索することができるようになりました。さらに、「CNET Japan」内の膨大な情報の中から、ニュース記事以外の専門家の意見やイベント情報など、特定の情報を横断的に検索したいという「CNET Japan」のユーザーニーズに応え、従来のニュースやブログ・リリースなどのカテゴリ別検索に加え、「CNET Japan」全体からの横断検索機能も追加いたしました。今回のサイト内検索機能の刷新により朝日インタラクティブでは、利便性向上によるユーザーの満足度向上を図り、今後もユーザーニーズを取り入れた、更なる機能の開発や拡充に努めて参ります。

CNET Japanサイト内検索の特長

Release023_01

1)  ニュースやリリースなどのカテゴリ別検索のほか、CNET Japan全体からの横断検索が可能です。
2)  検索結果ページにて、各記事のタイトルと要約を閲覧することが可能です。
3)  検索ワードとページ内の語句との「ゆれ」を検知し、ユーザーが期待する検索結果に導きます。
例)「adingo」と「アディンゴ」、「メモリー」と「メモリ」など


adingoは、2008年6月のサービス開始以来、200社を超えるPCおよびモバイルメディアの運営社に対して、検索機能やリスティング広告の導入および運用支援を行なってまいりました。また、継続的な提携メディア(※3)の収益拡大を支援するため、語句をなぞるだけで検索ができる新機能「なぞってサーチ」や、ユーザーに新たな検索機会を提供し、リピート利用の促進を図る検索コンテンツ「今日は何の日」など、新しい検索機能やコンテンツ開発にも積極的に取り組み、2009年12月には、タグを貼り付けるだけで簡単にクリック課金型広告(※4)を自動的に自社メディアに掲載することができる、クリック課金型広告の自動配信システム「Beagle(読み:ビーグル)」を開発し、提携メディアに対し、無償提供を行なっております。今後も、200社以上への支援実績から培ったコンサルティング力と技術力で、メディアのニーズに敏速に対応し、メディアの収益化を支援するシステム開発や、ユーザーにとって利便性の高い検索機能やコンテンツ開発を積極的に進め、メディアのビジネスの成長を支援してまいります。

※1 リスティング広告
検索連動型広告(検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告)およびコンテンツ連動型広告(ユーザーが閲覧したページの内容に応じて、最適な広告を掲載する広告)のこと。
※2 表記ゆれ
adingoが、同音・同意味の語句で、「バ」と「ヴァ」、カタカナと英語など異なる文字表記が混在すること(例:バイオリン/ヴァイオリン・adingo/アディンゴ)。
※3 提携メディア
adingoが、ウェブ検索機能やリスティング広告の導入および運用支援を行っているメディアのこと。
※4 クリック課金型広告
ユーザーが広告をクリックした回数に応じて料金が発生する広告。

会社概要

朝日インタラクティブ株式会社 ( http://aiasahi.jp/

会社名 朝日インタラクティブ株式会社
代表取締役 大西 弘美
所在地 東京都千代田区神田神保町3-29-1 住友不動産一ツ橋ビル2階
TEL 03-3238-0700
FAX 03-3238-0711
設立 2009年9月1日
資本金 1,000万円(朝日新聞社による100%出資子会社)

朝日インタラクティブについて

朝日インタラクティブは朝日新聞社の全額出資会社です。朝日新聞や朝日新聞グループ内の他の媒体とも連携した展開を強めるとともに、事業継承した CNET Japan、ZDNet Japanなどのサイトを通じて変わり行くインターネット世界の情報も発信していきます。なお、当社は CBS Interactive,Inc.からライセンスを受けて、CNET Japan、ZDNet JapanおよびGameSpot Japanの各サイトを運営しています。これらのサイトの翻訳された記事の原文、グラフィック、ロゴ、商標権、著作権はCBS Interactive,Inc.に帰属します。

株式会社adingo (http://adingo.jp/

会社名 株式会社adingo
代表取締役 古谷 和幸(フルヤ カズユキ)
取締役 宇佐美 進典(ウサミ シンスケ)、石川 敬三(イシカワ ケイゾウ) 、笹部 雅弘(ササベ マサヒロ)、小賀 昌法(コガ マサノリ)
監査役 児玉 裕二(コダマ ユウジ)
所在地 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス 8F(ECナビ内)
TEL 03-5459-1182
FAX 03-5459-1881
設立 2008年6月2日
資本金 5,000万円(準備金含む)
事業内容 PC・モバイルでの検索サービス及びリスティング広告の導入支援
広告配信システムの企画、開発、運営
検索サービスの企画、開発、運営
環境貢献型検索サービス「リーフバンク」の運営
ディレクトリ検索「SiteList」の運営

adingoについて

adingoは、PCメディアおよびモバイルメディアで、検索機能やリスティング広告を導入していないメディア運営社や、すでに導入はしていても収益化に課題を感じているメディア運営社に対し、検索機能やリスティング広告の導入および運用支援を行っております。また、検索するだけで気軽に環境保全活動に参加することができる環境貢献型検索サービス「リーフバンク」( http://leafbank.jp/ )や、ディレクトリ検索サービス「サイトリスト」( http://sitelist.jp/ )など、検索を軸としたサービスも展開しております。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

朝日インタラクティブ株式会社(報道関係のお問い合わせ)

担当者 報道関係のお問い合わせ
広報担当 三浦
TEL 03-3238-0700
FAX 03-3238-0711
E-mail publicr_inq@aiasahi.jp

朝日インタラクティブ株式会社(広告商品に関するお問い合わせ)

担当者 広告商品に関するお問い合わせ
営業担当 宮本/谷岡
TEL 03-3238-0702
FAX 03-3238-0711
E-mail sales-inq@aiasahi.jp

株式会社adingo

担当者 株式会社adingo
マーケティング本部 江頭(エトウ)
TEL 03-5459-1182
FAX 03-5459-1881
E-mail pr-info@ecnavi.co.jp