茨城県とadingo、検索サービスおよびリスティング広告に関して業務提携

~adignoが提供する検索エンジンを利用し、都道府県庁サイトにおいて初めて
オーバーチュアのリスティング広告を導入~

茨城県(県知事:橋本 まさる)と、リスティング広告(※1)の導入支援を行なう株式会社adingo(読み:アディンゴ、東京都渋谷区、代表取締役:古谷 和幸)は、2009年8月10日、茨城県サイトの検索サービスおよびリスティング広告に関する業務提携をおこないました。これにより茨城県は、 adingoが提供する検索エンジンを利用し、サイト内および検索結果ページにオーバーチュアのリスティング広告を掲載することができるようになりました。都道府県サイトにおいて、オーバーチュアのリスティング広告を導入するのは、茨城県が初めてとなります。

茨城県サイト( http://www.pref.ibaraki.jp/ )について

これまで茨城県サイトでは、サイト上にバナー広告を掲載しておりましたが、以下の点からadingoと業務提携をし、リスティング広告の導入を決定いたしました。

1)  表示される広告は文字情報のため、サイトの統一感を損なわない点。
2)  不適切な広告を排除することができる点。
3)  関連した広告が掲載されるため、高い収益性が期待できる点。
4)  検索エンジンの導入費用がなく、運用、管理も容易である点。
5)  adingoが提供する検索エンジンは、国内で最も利用率の高い「Yahoo! JAPAN」と同様である点(※2)。

茨城県は、国内で最も多く利用されている「Yahoo! JAPAN」と同様の検索エンジンを導入することで、サイトの利便性を向上させるとともに、リスティング広告による新たな財源を県政に有効活用してまいります。 adingoは今後も、これまでの200社220サイトにおよぶリスティング広告の導入支援実績をもとに、現在インターネット利用者の9割以上が利用し、 1日5回以上利用するユーザーも4割を超える検索サービスを通して(※3)、パートナーのサービスの成長をサポートしてまいります。

※1 リスティング広告
検索連動型広告(検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告)および興味関心連動型広告(インターネットユーザーが過去に閲覧したり検索したページの内容に応じて、最適な広告を掲載する広告)のこと。
※2
デジタルワールド利用動向調査のリーディングカンパニー、comScore(コムスコア)の検索エンジン利用に関する調査結果によると、日本で最も利用率の高い検索エンジンは前年同期比13%増の約35億回である「Yahoo! JAPAN」(2009年3月発表)。
※3
参考「インターネット白書2008」

会社概要

株式会社adingo (http://adingo.jp/

会社名 株式会社adingo
代表取締役 古谷 和幸(フルヤ カズユキ)
取締役 宇佐美 進典(ウサミ シンスケ)、石川 敬三(イシカワ ケイゾウ) 、笹部 雅弘(ササベ マサヒロ)、小賀 昌法(コガ マサノリ)
監査役 児玉 裕二(コダマ ユウジ)
所在地 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス 8F(ECナビ内)
TEL 03-5459-1182
FAX 03-5459-1881
設立 2008年6月2日
資本金 5,000万円(準備金含む)
事業内容 PC・モバイルでの検索サービス及びリスティング広告の導入支援
広告配信システムの企画、開発、運営
検索サービスの企画、開発、運営
環境貢献型検索サービス「リーフバンク」の運営
ディレクトリ検索「SiteList」の運営

adingoについて

adingoは、PCメディアおよびモバイルメディアで、検索機能やリスティング広告を導入していないメディア運営社や、すでに導入はしていても収益化に課題を感じているメディア運営社に対し、検索機能やリスティング広告の導入および運用支援を行っております。また、検索するだけで気軽に環境保全活動に参加することができる環境貢献型検索サービス「リーフバンク」( http://leafbank.jp/ )や、ディレクトリ検索サービス「サイトリスト」( http://sitelist.jp/ )など、検索を軸としたサービスも展開しております。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

担当者 株式会社adingo
マーケティング本部 江頭(エトウ)
TEL 03-5459-1182
FAX 03-5459-1881
E-mail pr-info@ecnavi.co.jp